トイレの移設と増設|奈良県奈良市

トイレの移設と増設|奈良県奈良市

TEL050-5243-5635
受付:9:00~18:00 土日祝休

トイレの移設と増設

トイレの移設や増設は、基本的に排水管のルートを確保出来るかどうかによって工事可能かが決まります。そのため、2階にトイレを移動したり増設するリフォームは難易度が高くなります。また、トイレの移設や増設では、音や臭い、換気などにも十分配慮したリフォームを行うことが重要なポイントとなります。ここでは、戸建住宅におけるトイレの移設・増設について、大切なポイントや注意点を見ていきましょう。

1階のトイレを1階の別の場所に移設する場合

最近は間取りの変更などによって、トイレの位置を移動させるケースが増えています。1階にあるトイレを同じ1階の別の場所に移動させる場合は、床下に排水管が通っていれば比較的スムーズに移設することが出来ます。戸建住宅ではほとんどの場合、排水管は床下を通っているため、排水管のルートを確保しやすいと言って良いでしょう。

2階にトイレを新設する場合

多少難易度が高くなりますが、基本的には可能です。ただし、2階にトイレを新設するだけのスペースがあることが条件となります。また、この場合は配管を2階までどう通すかがネックになりますので、外壁に面していて、さらに1階トイレの真上に当たる場所に新設するのが理想的です。1階トイレの上部が無理な場合も、1階の水廻りに近い位置に作ることで、ある程度工事の難易度を下げることができます。尚、給排水が離れた場所に新設する場合は、工事費用がかなり高くなる可能性がありますので、事前にしっかりと見積もりを出してもらうようにしましょう。

音や臭いへの配慮が大切

トイレを移設するにしても増設するにしても、どの場所に配置するかが一番のポイントになります。給排水の問題だけでなく、音や臭いに対する配慮も必要になってくるためです。トイレをリビングの近くなどに作ったために、後々音や臭いに悩まされるといったケースも少なくありません。また、2階に増設したトイレから流れる排水音が下の階まで聞こえてしまうこともあります。

そのようなことにならないためにも、トイレの床や壁、扉などに防音対策を施しておくことをお勧めします。また、最近では防臭効果の高い壁材や床材も多くなっていますので、臭いに対する配慮も考えておいた方が良いでしょう。リフォームを計画する際に細かい部分まで気を配っておくことは、リフォーム後の快適な暮らしを手に入れるためには欠かせない重要なポイントです。

マンションでのトイレ位置の変更

マンションでトイレの位置を移動したい場合ですが、基本的には大きく動かすことは困難です。なぜなら、マンションの場合は1階から最上階まで一本の配水管で繋がっているため、トイレや水廻りの設置場所は配管スペースの位置に合わせなければならないからです。また、トイレの排水の位置も重要です。マンションの場合は床上排水が多いようですが、集合住宅で既存の接続方法を変えることは難しいため、既存の接続方法に合わせたリフォームが原則となります。

↑ PAGE TOP