内装工事の種類|奈良県奈良市

内装工事の種類|奈良県奈良市

TEL050-5243-5635
受付:9:00~18:00 土日祝休

内装工事の種類

内装工事とは、建物の内部仕上げの内容から木工事・屋根・左官・タイルなどを除いた工事のことを指しています。一般的に分かりやすく言うなら、建物内部の壁、床、天井の仕上げ工事を総称して内装工事と呼んでいます。内装工事は見積りの最後に来ることから、外装に比べてあまり重視されていないような印象がありましたが、最近では明るくて居心地の良い居住空間を求める傾向が高まっていることもあり、内装工事に対する関心や注目度が高くなっています。

内装リフォームに対する価値観も、時代と共に変化しています。以前は住まいが古くなったために内装をリフォームするという考え方が一般的でしたが、最近では中古物件をフルリフォームして新築同様の内装に生まれ変わらせたり、バリアフリーや間取り変更のために内装リフォームを行うなど、発想が多様化してきています。

内装工事は、大きく分けると以下のような工事に分類することが出来ます。

●内装仕上工事
インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、内装間仕切り工事

●床仕上工事
ビニール床タイル、カーペット、ウッドカーペットなどを用いて床仕上げを行う工事

●たたみ工事(畳工事)
たたみを用いて建築物の床仕上げを行う工事

●ふすま工事
ふすまを用いて建築物の間仕切り等を行う工事

●その他
家具工事、防音工事などの内装工事

タイプ別の内装工事

ライフスタイルに合わせたリフォーム

photo

近年は、家族が増えたり、あるいは生活の変化に伴って間取りの変更を希望する方が増えています。また、社会の高齢化に伴い、バリアフリーに対応した床、手摺り、バスルームなどのリフォームも需要が増しています。新築時には無かった最新仕様の設備が備わることで、以前よりも快適な生活を送れるようになります。

リノベーション

photo

建物に新たな付加価値を与えるためのリノベーション。リビングやダイニングの間仕切りを無くしたり、和室を洋室に改装したり、水廻りの設備交換、中古マンションの内装を一新など、その目的は様々です。空間をガラリと変えて、ライフスタイルに合わせた住まいとして再生させることも可能です。住む人の個性や要望を盛り込めるのも大きなメリットです。

原状回復工事

photo

賃貸物件では、入居者が退室するごとに行う原状回復工事があります。短期間の入居ならハウスクリーニング程度で済む場合が多いですが、入居期間が2年以上の場合は床のカーペット、畳、壁天井のクロスなど、日焼けや生活の汚れなどにより交換や張替えが必要になる場合が少なくありません。

コンバージョン(用途変更)

photo

駅近くのビルを賃貸マンションにしたり、入居の決まらない店舗を住居にしたりなど、物件の用途を変更するケースが目立つようになってきました。例えば、交通の便が良い駅近くにありながら空室の目立つテナントビルを、居住用としてリフォームし、賃貸マンションとして再生することで、収益の回復を図ることも可能になります。

↑ PAGE TOP