遮音性能について|奈良県奈良市

遮音性能について|奈良県奈良市

TEL050-5243-5635
受付:9:00~18:00 土日祝休

遮音性能について

音源となる場所と隣接する部屋や隣家との間を、壁などで遮って音を遮断することを遮音と言います。防音工事を行う際に、どの程度の遮音性能が必要かを判断する基準として、JISが定めた遮音性能(防音性能)の評価方法(JIS A 1419:1992)というものがあります。この評価方法では、空気音に対する遮音等級をD値で評価します。D値は、数値が大きいほど遮音性能が高くなります。

D値(壁の遮音性能を等級別にした値)

以下、日本建築学会の「建築物の遮音性能基準と設計指針」から、遮音等級ごとの音の聞こえ方についてご紹介します。

遮音等級と生活実感との対応例

遮音等級大きい音(ピアノ、ステレオなど)
一般の発生音(テレビ、ラジオ、会話など)
生活実感
D-65通常では聞こえない聞こえないピアノやステレオが楽しめる
D-60
ほとんど聞こえない聞こえないカラオケパーティを行っても問題ない
D-55かすかに聞こえる通常では聞こえない隣家の気配を感じない
D-50小さく聞こえるほとんど聞こえない隣家に気がねすることなく日常生活を送れる
D-45かなり聞こえるかすかに聞こえる隣家の在宅・不在に関わらずあまり気にならない
D-40曲がはっきり分かる小さく聞こえる隣家の生活がある程度分かる
D-35よく聞こえるかなり聞こえる隣家の生活がかなり分かる
D-30とてもよく聞こえる話の内容が分かる隣家の生活行為がよく分かる
D-25うるさい内容がはっきり分かる隣家の生活行為がとてもよく分かる
D-20かなりうるさいよく聞こえる隣家の行動がすべて分かる
D-15とてもうるさい筒抜け小さな物音まで分かる

これによると、一般的な目標値はD-50~D-65程になりますが、ピアノ室の防音工事を行う場合はD60~65程度、ドラム室など低音や振動も発生する部屋の場合はD-65~D-70程度の数値が理想です。また、どの程度の遮音性能が必要かは、建築物の構造や周辺環境によっても変わってきます。例えば集合住宅などでは、戸建の場合よりも高い遮音性能が求められます。

L値(床の衝撃音に対する遮音性能を等級別にした値)

空気音に対する遮音等級はD値で評価しますが、固体音に対する遮音等級はL値で評価します。固体音とは、集合住宅などで上階の床から伝わる衝撃音のことを指しています。L値の場合はD値と異なり、数値が小さいほど遮音性能が高くなるということになります。

床衝撃音遮音等級と生活実感との対応例

※日本建築学会の「建築物の遮音性能基準と設計指針」から

遮音等級走り回る音や飛び跳ねる音などイスの音や物の落下音など生活実感
L-30通常では聞こえない聞こえない上階の気配を感じない
L-35かすかに聞こえる程度(遠くから聞こえる感じ)通常では聞こえない上階の気配を少し感じる
L-40かすかに聞こえる程度(遠くから聞こえる感じ)ほとんど聞こえない上階でかすかに物音がしたり気配を感じるが、気にはならない
L-45あまり気にならない程度に聞こえる小さく聞こえるスプーンの落下音がかすかに聞こえ、大きな動きは分かるようになる
L-50小さく聞こえる聞こえる10円玉や100円玉の落下音やイスを引きずる音が分かる
L-55聞こえる発生音が気になるイスを引きずる音が少し気になる
L-60よく聞こえる発生音がかなり気になる1円玉の落下音やスリッパで歩く音がよく聞こえる
L-65発生音がかなり気になるうるさく感じる上階の生活行為がよく分かる
L-70うるさく感じるかなりうるさく感じる大抵の落下音ははっきり聞こえ、素足で歩く音も聞こえる
L-75かなりうるさく感じるとてもうるさく感じる全ての落下音が聞こえ、上階の人の位置まで分かるようになる
L-80うるさくて我慢できないうるさくて我慢できない全ての落下音が聞こえ、上階の人の位置まで分かるようになる

重量衝撃音(LH値)と軽量衝撃音(LL値)

床に伝わる衝撃音は、さらに2種類に分けられます。1つ目は、子供が飛び跳ねた時などに発生する「重量床衝撃音」で、この値はLH値で評価されます。2つ目は、食器の落下音など軽くて高い衝撃音である「軽量床衝撃音」で、この値はLL値で評価されます。重量床衝撃音は、床のコンクリートが厚く、梁で囲まれた面積が小さいほど遮音性能が優れていることになります。一方、軽量床衝撃音は、床の工法や表面材によって遮音性が変わってきます。フローリングの場合よりも畳やカーペットの方が音は響きにくくなります。なお、防音仕様で造られていない通常のマンションの場合ですと、LH45およびLL50が理想的とされています。

※日本建築学会の「建築物の遮音性能基準と設計指針」から

遮音等級重量床衝撃音(LH)軽量床衝撃音(LL)
L-40遠くから聞こえる感じほとんど聞こえない
L-45意識しない程度に聞こえるサンダルの歩行音が聞こえる
L-50ほとんど気にならないナイフの落下音が聞こえる
L-55少し気になるスリッパの歩行音が聞こえる
L-60やや気になる箸の落下音が聞こえる

↑ PAGE TOP