雨漏りを放置するリスク|奈良県奈良市

雨漏りを放置するリスク|奈良県奈良市

TEL050-5243-5635
受付:9:00~18:00 土日祝休

雨漏りを放置するリスク

雨漏りが起きた際に、雨漏りの原因を突き止めて的確に修理することで、雨漏りがする度に悩む必要がなくなります。一方で、雨漏りをそのまま放置してしまいますと、カビや腐食、健康被害や害虫の発生などにつながる危険性があります。

カビの発生

天井や壁などから雨漏りが起こりますと、湿気によるカビが発生しやすくなります。特に天井裏の場合、なかなか見る機会が少ないため、放置されやすい傾向があります。その結果として、カビはもちろんのこと、謎のキノコが生えてしまったというケースもあるようです。

それからカビは、喘息やアレルギーや感染症の原因になることも少なくありません。健康を損ないますと、仕事や日常生活に支障をきたす恐れがあります。カビの独特の臭いも気になるところです。

害虫の発生

雨漏りは、害虫の発生につながることも考えられます。

例えばシロアリは、湿気のこもった場所に生息する傾向があり、雨漏りを放置することで、より一層、シロアリが活発化するため、仮に柱や建物の基礎部分が食べられてしまいますと、地震などによる倒壊の危険もあります。

建物の腐食

雨漏りを放置することによって、カビやシロアリなどの害虫の発生が促されますと、同時に建物の腐食も進行していきます。屋根や外壁、窓枠やサッシ周りなど、気がついた時には高額のリフォームとなってしまうこともあるようです。

↑ PAGE TOP