キッチンリフォームのポイント|奈良県奈良市

TEL050-5243-5635
受付:9:00~18:00 土日祝休

キッチンリフォームのポイント

キッチンは毎日使う場所だからこそ、快適な空間であることが望まれます。キッチンをリフォームする場合は、作業効率や導線などを考慮に入れて、なるべく使いやすいキッチンに作り変えることが大切です。家族構成やライフスタイルなども計算に入れて、楽しくお料理が出来る空間になるような設計を心がけましょう。

キッチンリフォームは導線が重要

キッチンのリフォームで特に大切なポイントとなるのが導線設計です。リフォームの際には、どうしてもデザインばかりに目が向いてしまいがちですが、キッチンのように毎日使う場所では、何よりも使い勝手の良さを重視しなければなりません。一旦リフォームを行ってしまうと簡単にやり直すというわけにはいきませんので、設計段階から導線をよく考えたキッチン作りを計画していくことが必要です。

十分な収納スペースの確保

使い勝手が良く、動きやすいキッチンにリフォームするためには、十分な収納スペースを確保することも重要なポイントのひとつです。キッチンでは限られた空間の中で、調理器具や電化製品など様々な物を使用しなければなりません。これらを効率良く配置し、使いやすいキッチンにするためには、収納場所をたっぷり設けることが必要です。収納スペースが多くきちんと整理されたキッチンは、見た目にも綺麗で清潔な印象を与えます。

ゴミの保管スペースも大切

キッチンで意外と見落とされることが多いのがゴミの保管スペースです。キッチンという限られた空間においては、ゴミ箱やゴミ袋が邪魔に感じられることが多々あると思います。ですから、キッチンリフォームで導線を重視するのであれば、ゴミの保管スペースを考慮した設計にすることが重要です。

使う人の身長に合わせたキッチンにする

自分の身長に対して高すぎたり低すぎるキッチンというのは、使っていてとても疲れるものです。特にキッチンは毎日使う場所ですので、リフォームする場合は、家族の中で最も使用頻度が高い人の身長に合わせた設計にすることが重要です。

マンションの場合は制約が多い

戸建でキッチンリフォームを行う場合、キッチンにある程度の広さを確保出来れば、比較的自由度の高いリフォームが可能です。ただし、レイアウトを変える場合は、水道やガス、電気などの設備工事が必要になるケースもあり、水道などの設備を移動することが出来ない場合はリフォームに制限が生じてしまいます。また、レイアウトの変更によって、以前よりも作業スペースや通路などが狭くなってしまうこともありますので、あらかじめ業者とよく相談するようにしましょう。


一方マンションの場合も、キッチンのレイアウト変更においては、水道やガス、電気などを移動させなければならない場合があります。また、マンションでは各戸ごとに使用可能な電気量が決められているため、IH調理器などを入れると容量を超えてしまう可能性も考えられます。マンションの場合は戸建と違って大規模なリフォームには色々と制約が多くなりますので、事前に管理会社などへ確認しておくようにしましょう。

↑ PAGE TOP