ウレタン防水|奈良県奈良市

TEL050-5243-5635
受付:9:00~18:00 土日祝休

ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、一言で言うならば、塗るだけで防水層を形成する材料を使用する塗膜防水工法です。防水工事の中でも最もポピュラーな工事であり、最近の改修工事の比率の急増とともにウレタン防水の需要も増えています。ウレタンの特性は、下地の形状に馴染み易く、水密性の高い連続皮膜が得られます。シート、FRPなど他の防水材料との複合防水工法は、性能面・意匠面でも豊富なバリエーションと信頼性の高さから、一般の屋上から屋上をテニスコートに、またマンションの開放廊下・階段室、ベランダ・ルーフバルコニーなどさまざまな用途に対応出来ます。

ウレタン防水の特徴

ウレタン防水の特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応出来、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成し、定期的なトップコートの塗り替えをすることで、防水層を紫外線劣化から長期に亘り防ぐという点が挙げられます。また、比較的安価であるというメリットがある反面、塗膜の均一性が低いというデメリットがあります。

ウレタン防水の耐久性

ウレタン防水の耐久性は、防水仕様(防水層の厚さなど)、メンテナンスの良否、屋上の使用状況などによって変わってきます。標準的な例として、5年程度毎に最上層の保護仕上塗料を再塗布すると15年程度の耐久性(防水性能の保持)が可能です。脱気絶縁機能が前提ですので防水層にはフクレ、破断がない状態である筈です。従って10~15年目の改修時には既存防水層の撤去や下地処理の手間がかからず、ウレタン防水材の再塗布(2~3kg/m2の増し塗り)のみで済みます。これは改修工事としては大変簡単な工事で工期も大幅に短縮出来、コスト面でも全面改修に比べ1/2ないし1/3の費用で済みます。改修時に撤去した廃材が出ない為、環境保全や資源有効利用の観点からも大いに評価されます。以上の点から、ウレタン防水は10~15年目の改修時においても非常にメリットの大きい工法であると言えます。

ウレタン防水材の季節毎の使い分け

現在のウレタン防水材の大半は主剤と硬化剤が化学反応で硬化する2成分形材料となっています。硬化する過程の化学反応は、温度に大きく左右されます。温度が高いと反応は速く、当然のことながら可使時間(作業時間)も短く、硬化も速くなり、温度が低ければその逆になります。従って、どの季節でも適当な可使時間(30~90分)があり、翌日あるいは翌々日には硬化し、歩行出来るように調整する必要があります。そのため材料を「冬」「春秋」「夏」用として使い分けるのです。一般的な目安は気温約5~15℃では「冬」用、15~25℃では「春秋」用、25℃以上では「夏」用を使用します。

ウレタン防水材の保管と取扱い

ウレタン防水材や溶剤は、消防法に定める危険物に指定されています。また防水施工作業では、労働安全衛生法、酸素欠乏症防止規則、特定化学物質等障害予防規則 、有機溶剤中毒予防規則ならびに毒物および劇物取締法など多くの規則を受けます。消防法で定められた危険物を、指定数量以上に作業現場で臨時に貯蔵したり取り扱う場合には、所轄の消防本部または消防署長あるいは市町村長に申請して、仮貯蔵、取扱いの承認を受けることが必要です。

ウレタン防水の施工工程

標準的なウレタン防水の施工工程は次表の通りです。

作業工程作業内容
①下地調整(1)作業に支障をきたす設置物移動(エアコン室外機等・・)
(2)高圧洗浄
(3)付着物撤去
(4)必要であれば部分補修
②プライマー塗布既設面と新規防水塗膜を密着させるための接着剤のようなものをローラーで塗ります。
③補強布貼り付けガラスクロスを使用し、このクロスが浮き上がったり、シワにならないよう注意し接着剤で貼り付けます。
④防水材塗布平場部分、立ち上がり部分を均一にコテやゴムベラで仕上げます。
⑤トップコート塗り紫外線や摩擦に強いウレタン樹脂をコテまたはローラーで塗ります。

↑ PAGE TOP